Top > 高血圧と入浴

高血圧と入浴


北海道産[特選]【根昆布】●200g●高血圧の方などにお勧め。栄養価値が高く昆布水などに

 

高血圧の方は入浴にも注意が必要です。入浴中に死亡してしまう入浴死の原因は心筋梗塞がおよそ半数を占めるといわれ、高血圧の合併症であることからも、血圧が高い方は急上昇を防ぐようなお風呂の入り方を心掛ける事が大切でしょう。

高血圧では急激な温度変化は血圧が急変してしまう事があるので、温度差が余りないようにすると良いとされます。室内温度が低いと血管が収縮して血圧が上昇し、熱い湯船に入ると交感神経が刺激されて血圧が上がってしまいますので良くありません。特に冬場の入浴中に血圧が上がりすぎて倒れるケースが目立つのも、寒い浴室に入って水温の高いお風呂に入ることで血圧が急上昇して、動脈硬化を起こしている血管が耐え切れずに脳出血を起こすからとされています。

また、お風呂で体が温まると今度は血管が拡張して、血圧が下がり、血圧が下がった事で血流もゆっくりとなって血栓の原因ともなる血液濃度が高くなり、血栓が起こって心筋梗塞や脳梗塞が発症します。こちらも高血圧の合併症ですから、体に負担を掛けないようにしなければなりません。

高血圧の場合の適切な入浴法は、脱衣所や浴室内部をしっかり温めて、出来る限り温度差をなくしておき、汗をかきすぎて血液が濃くならないように事前に水分を取ります。お風呂の適温はぬるめの38℃~40℃、入浴時間は5,6分程度に抑えるのが良く、半身浴も心臓に負担が少ないのでお勧めです。

 

 無料ブログを使ってアドセンスで稼ぐ!片手間で簡単な儲け方
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
高血圧対策は正しい理解から(2009年9月16日)
高血圧と嗜好品(2009年9月16日)
高血圧と入浴(2009年9月16日)
高血圧と特定保健用食品(2009年9月16日)