Top > 高血圧と嗜好品

高血圧と嗜好品


特定保健用食品 高血圧が気になる方に マリンペプチド30包

 

高血圧の場合、タバコやアルコールなどの嗜好品の摂取はどうなのでしょうか。タバコの弊害は既に周知され、健康に甚大な被害をもたらすので、持病の有無に限らず禁煙する事が健康への第一歩です。高血圧の方にとってタバコはまさに百害あって一利なしで、ニコチンは血圧を上げる作用を持っており、リスクを更に高めてしまいます。加えて血圧を上げる交感神経を刺激し、動脈硬化が一層進んでしまうとされ、高血圧患者の喫煙はタブーと考える医師も多いですね。喫煙の習慣があるなら、先ずは禁煙して高血圧治療に備えることが賢明でしょう。

一方、アルコールは適量ならストレス解消の面からも問題ないとされています。アルコールは末梢の血管を拡張して血圧を低下させますが、毎日のように飲むと血圧を上げてしまうコルチゾールやカテコールアミンなどのホルモン分泌が活発になってしまいます。高血圧の方にとっては毎日の飲酒は注意が必要です。高血圧ならアルコールは適量を守って、健康増進が期待できる1日30ml以下(日本酒なら約1合、ビール大瓶で1本相当)に抑えましょう。

なお、アルコールは心筋梗塞や脳梗塞などの予防に効果がある事が確認されており、動脈硬化を遅らせるとも言われています。

 

 アフィリエイトのためのブログを量産する方法
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
高血圧対策は正しい理解から(2009年9月16日)
高血圧と嗜好品(2009年9月16日)
高血圧と入浴(2009年9月16日)
高血圧と特定保健用食品(2009年9月16日)